私がアフィリエイトをしている理由

affiliate私は、インターネットの商品を紹介して
報酬を得る「アフィリエイト」を含む
インターネットビジネスの仕事をしています。

・ブログアフィリエイト
・サイトアフィリエイト
・メルマガアフィリエイト
・SNSアフィリエイト
・コピーライティング
・せどり

ネットビジネスを始めたのは5年前くらいですが、
200万以上使ったノウハウコレクターを屈指し、

その中で見つけた、実際に稼いでいる仲間や、
師と仰ぐ師匠もいますので
情報交換や、商材の実践、研究をしています。

なぜ、私がこんなに収入をあげるべく
ネットビジネスをしているのか?
それは・・

同居の義母がうつ病になる

20年以上前に家を建て、
夫の両親と同居を始めました。

途中義父が亡くなり、
息子2人と、夫と、義母で生活していました。

義母は、心臓のバイパスの手術もしたので、
病院通いは欠かせませんでした。

義母は、ほぼ専業主婦で生きてきたので、
他の世界をあまり知らず、内向的な性格ですので
近所付き合いもほとんどなく、
3人の娘と、遠く離れた親戚だけが頼りです。

夫と私は、年齢が10ほど離れていますので
義妹3人と言っても、すべて年上です。

私の息子2人も、若くして結婚して
所帯を持っていますので、
3年前位から夫と義母と私と3人暮らしをしていました。

ちょうど息子たちが家を離れたあたりから
義母が頭が痛いとか、胸が痛いとか、
変な声が聞こえるとか、言い出しました。

私たちが仕事でいない時には
勝手に救急車を呼んで、病院に行き、
どこも悪くなくて帰ってくるという事を繰り返すようになりました。

心療内科にかかった方が良いと思い
かかっていましたが、

去年の9月あたりから
義母から、私が家にいると、内線で、出かけると電話がかかって来て、
「この薬飲んで良いかな?」
(その時は、心療内科の薬を多服するようになり、
「あんまり飲んじゃいけない」って私が言ったからです)
「ご飯食べれない」
「歩けない。」
「頭が痛い。」
等々、聞いてくるようになり

私までも、へとへと状態でした。

そして、とうとう
「水も飲めない」と言い出したので
病院に入院してもらいました。

その時に、看護師さんに
「介護認定取った方が良いですよ」
と言われたので、介護認定を申請して、
介護施設にそのまま入ってもらうことにしました。

女性も経済的に自立しなければ!と強く思う。

こんな出来事があって、
去年の9月から、今年の初めまではネットの仕事も
ほとんどできない状態が続いていました。

せっかく師匠からコンサルティングを受けていたのに
フェードアウトしそうになりました。
(師匠は、何も聞かずに待っていてくださいました。)

それでも、アフィリエイトで作っていたサイトは
3.4か月間ほとんど更新しなくても、
収入が入ってきたのです。

リアルな仕事は、休めばお金が入ってきません。
でも、ネットは、こうやって休んでいても
お金が入ってくるんです。

そして、来年うちの長男が、家に戻りたいと言っています。
自分が通った小学校に息子を通わせたいようです。

なので、私は来年、仕事場兼、家を借りる予定です。

これまで同居してきて

「いくら良い人だと思っても、
自分の親でも
やはり同居は、どこかしらひずみができる。」

と思っています。

今までは、長男の嫁だから、という理由で
同居していましたが
義母は介護施設に入り
義母のお金は、義妹が管理しています。
(私は、信用が置けないようです(笑))

これも、お金がなければ、仕事場を借りることもできません。

女性も経済的に自立することは、とても必要です。

私は、義母のように、他に頼らないと生きていけない
というような生き方はしたくありません。

あなたには、何が起こっても
職を失っても、親の介護で動けないとしても
家にいながら、自由にお金が稼げるネットビジネスで
幸せな人生を歩んでいってほしいです。

そのためには、私は、全力でサポートいたします。

これからも有益な情報を配信していきますので
よろしくお願いします。

ご質問、ご感想、お問い合わせなどお気軽にメールください。

鞠子へメールを送る

伝説のコピーライターの方から学んだ事や、自分の失敗から、
「アフィリエイトで稼ぐための役に立つ、価値のある情報」等を
お伝えしていきます。

アフィリエイトで早く稼げるようになりたい

そんなあなたに必要な情報ばかりなので、
是非ご覧なってください。

『ブログ講座一覧』

そして

年収5億円以上のコピーライターから教わった、
アフィリエイトで、永久的に稼ぎ続ける方法
をすべて無料でお伝えします。

今アフィリエイトを学んでいる方も、これから学ぶ方も
是非登録してください。

メールアドレス:
氏 名:

Powered by AccessMail


コメントを残す

このページの先頭へ